IDMC-13 PPIセッション
ウェビナー

もう、治験は始まっている

筋強直性ジストロフィー
治療薬開発とこれから

2022年6月25日(土)9時開始

国際筋強直性ジストロフィー学会(IDMC-13) 開催記念

日本語・英語 逐次通訳つき
オンラインセミナー

オンライン(Zoom)を使用したウェビナーです。どこからでも参加でき、日本語と英語の通訳を交えて講演を聞くことができます。

すでに治験中、または治験直前の
治療薬について講演

患者と家族に希望をもたらす、最先端の製薬開発です。患者と家族、お友達はもちろん、医師、研究者、製薬企業の方など、どなたでも一般市民としてご参加ください。

装着型サイボーグHALとは?
治療薬との合わせ技とは?

筋強直性ジストロフィーにも効果があると言われている装着型サイボーグHALのお話しがあります。

質疑応答してみよう

ZoomのQ&A機能を使います。逐次通訳があるので、言葉が違っても質問できます。
•時間の都合ですべての質問にお答えできない場合があります。

参加者限定、ビデオ録画閲覧

参加者は、終了後2か月の間、当日のビデオを見ることができます。

ご寄付をお願いします!

今後の活動のために、ご寄付をお願いいたします。お気持ちの金額で差し支えありません。
申し込み時にクレジットカード決済で送金できるほか、ゆうちょ銀行振込も可能です。

プログラム

AMOファーマ

先天性筋強直性ジストロフィーに向けたAMO-02-進捗状況のアップデート

アビディティ・バイオサイエンス

リサ・アッカーマン

アビディティ:筋強直性ジストロフィー1型に関する進行中の治験について

ダイン・セラピューティクス

モリー・ホワイト

筋強直性ジストロフィー1型治療戦略の前進

大阪大学 医学系研究科 神経内科学

中森雅之

日本における筋強直性ジストロフィーに対する医師主導治験 (MYD-0124)

国立病院機構 新潟病院/国立病院機構 仙台西多賀病院

中島孝髙橋俊明

筋強直性ジストロフィーを含む神経筋疾患に対する新しい運動療法:装着型サイボーグHAL

ヒューストン・メソジスト病院

芦澤哲夫

筋強直性ジストロフィー1型の臨床治験とその先に見えるもの

お申し込みはこちらから

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)

     入力した内容を確認しました。


    *送信前に正しくメールアドレスが入力されていることをご確認ください。
    メールアドレスを間違えると控えのメールとウェビナーへの招待状が届きません。

    *確認画面は表示されませんので入力内容をよくご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

    開催日数日前に、ZoomのアクセスURLをメールでお送りします

    ご注意

    • 参加には、Zoomにアクセスできる環境が必要です。
    • 質疑応答は、ZoomのQ&A機能を使った文字入力です。
    • スマートフォンで着信拒否設定をかけている方は、申し込みの前に「@dm-family.net」と「@zoom.us」の着信ができるようにしてください。

    お問い合わせ

    特定非営利活動法人 筋強直性ジストロフィー患者会
    contact[at]dm-family.net  *[at]を@に置き換えてください。
    https://dm-family.net/

    メール以外でのお問い合わせは受けかねます。また、Zoomの操作についてのご質問は対応しておりませんので、ご了承ください。

    *PPI:研究への患者・市民参画(Patient and Public Involvement)

    国際筋強直性ジストロフィー学会(IDMC-13)
    https://idmc13.org/

    特定非営利活動法人 筋強直性ジストロフィー患者会 (DM-family)
    https://dm-family.net/